許可なくやると逮捕される

許可なくやると逮捕される

許可なくやると逮捕される 古物商は許可が必要となる商売であり、無許可で行っているのが発覚すると逮捕されて3年以下の懲役か100万円以下の罰金が科せられます。バレないだろうと思っていても通報されて警察に発覚するケースが多いです。
注意点としては自分の行っていることが古物商に該当すると思っていなかったケースですが、警視庁では古物を買い取って売ることがこれに該当するとされています。例えば古本屋やオークションなどで転売する商品を仕入れている場合にも該当するので許可が必要です。
古物であっても自分が使ったものや、使う目的で買って未使用のものなどは該当しないので、発覚しても使うつもりで買ったものと言い訳はできます。しかし、大量の商品を継続的に売買していればこの主張は通りません。
古物商はネットオークションで転売を行う場合にも必要になります。大量の出品を行い、それを妬んだ閲覧者が無許可でやっているのではないかと通報することも考えられるので、許可は取った方が良いでしょう。

リサイクルショップと古物商

リサイクルショップと古物商 リサイクルショップを営業するにあたっては、原則として古物取引法に規定する古物商の許可が必要となります。この許可は営業所を管轄している地域の警察署で申請を受け付けており、申請書そのもののほかに、役員の住民票の写しや身分証明書、誓約書や略歴書、その他法人であれば会社の定款の写しや登記事項証明書などの書類を添付します。
ただし同じリサイクルショップの名を冠していても、実際には古物商許可が必要ない場合もあります。古物商はあくまでも一度使用された物品や、使用されないまでも過去に使用を目的に取引があった物品などを、業として売買したり、または交換したりする個人や法人のことを指しています。
したがって一般個人が生活のなかでたまたま余ってしまった物品をオークションに出す場合や、もっぱら販売のみで他人からの買取を受け付けなかったりする場合などには、法律上の要件を満たさないことから古物商の許可を受ける必要もありません。