古物商許可を取得するまでの手順

せどりには「古物商許可」が必要です!

せどりには「古物商許可」が必要です! せどりの本来の意味は知り合いの古本屋の店主から価格が値上がりしそうな本を確保してもらって売ってもらい、さらにそれを転売して差額を儲けることを指していましたが、今では転売全般を指して表現されることが多くなっています。
近年ではネットオークションなどで転売をする人も増えていますが、古物商許可を取得せずに転売を行った場合思わぬ問題が起こってしまう可能性があります。
古物商許可を受け付けているのは警察です。何故警察が受け付けているのかというと、中古品などの古物販売はその性質上盗品が紛れ込むことが多くなり、いざ盗品が売られていた時に警察は販売ルートを特定する必要があるからです。
なので万が一古物商許可を取得せずに盗品を売ってしまった場合、問題が生じてしまうのです。
なので自分が売っているものが盗品ではないという確証を持てない限りは、古物商許可を取得する必要があります。
細かいことでわからないことがある場合は、警察に相談してみることをおすすめします。

古物商許可の手続きは面倒?

古物商許可の手続きは面倒? 古物商許可を簡単に言いますと、リサイクルショップを経営する上で個人、または法人に必要な許可のことです。他の許可と違って手続きはそこまで難しくありません。
古物商の許可申請は、警察署に行き手続きをします。これは、盗難されたものが売買されないようにする、という理由からです。
必要書類は個人と法人で必要なものが違います。
個人の場合は、住民票、身分証明書(本籍地で取得可能)、登記事項証明書(被後見人、被保佐人でないことを証明する書類で法務局で取得可能)、誓約書、略歴書が必要です。
法人の場合は、個人で申請する書類に、会社の登記簿謄本と、定款の写しが必要になります。
また、許可申請に必要な費用は19000円とそこまで高くはありません。警察署によって、誓約書、略歴書の様式が異なることもありますので、申請する警察署の様式を確認しておきましょう。
自分で古物商の許可申請の手続きをする時間がない、書類の書き方がよく分からない、という場合は、行政書士に代行してもらうことも可能です。