古物商許可を取得するまでの手順

古物商許可申請に不安があるときは代行サービスを利用!

古物商許可申請に不安があるときは代行サービスを利用! 中古品の売買を行うためには古物商の許可を得る必要があります。
古物商の許可を取得するには、警察署で申請をする必要があります。申請そのものはそれほど難しいものではありませんし、手続きに則って作成すれば不備がなければだれでも取得が可能です。
しかし、スムーズに取得をしたい場合には代行サービスを利用するのも手段です。
役所への手続きは何かと時間が掛かるもので、また地域によって必要書類が異なることがあります。
また提出する書類も多岐にわたるためこのため事前の準備が必要です。
しかし、はじめての人や仕事が忙しい人にとってはスムーズに行うことができず、まず1度で申請に通るという可能性は極めて低いものです。
この点で代行サービスを利用すれば手続きに慣れた行政書士が対応してくれるのでスムーズに古物商の許可を取得することができます。
また古物商として仕事をする場合には、古物台帳を用意しなければなりませんが、代行サービスを利用すればその書式も提供してもらえます。

古物商許可申請の不明点はどこで相談できる?

古物商許可申請の不明点はどこで相談できる? 古物商許可の申請には、略歴書の提出が必要になります。この略歴書には、申請する側の過去5年間の経歴を記載するものとなります。
ここで言う申請する側とは、本人だけでなく関係者も含まれることに留意しておいて下さい。
特に、法人申請の場合では、監査役以上の役員の経歴が求められることになるので、記載の漏れなく申請する必要があります。
古物商における略歴書には、明確な書式は特になく、最寄りの管轄する警察署より取り寄せる形をとります。略歴書には、過去5年間の経歴を書き込むほか、住所・氏名・本籍などの個人情報も添えて提出されるものとなります。
原則、要求される項目について正直に記入するものですが、略歴書の作成にもいくつかの不明点があります。
たとえば、何らかの理由で職に就いていない時には、経歴に何を記載すればいいのか分からないケースです。
そのような時には、管轄の警察署に相談する方法が一番の選択肢となります。相談することで不明点が解消されるため、管轄する警察署にしてもきちんと受理しやすくなるというものです。