取得費用も経費として計上可能

取得費用も経費として計上可能

取得費用も経費として計上可能 質屋を初め、リサイクルショップ、ブランド品の買い取り店や切手・古銭などの買い取り店は共通する許可を得ていることが条件になります。この共通する許可とは古物商取引と呼ぶもので、お客さんから買い取りした商品をお店や通販店などを使って販売する時には必須です。ちなみに、ネットオークションは個人を対象に取引を行うなどからも、こうした許可を得ていなくても良いのですが、購入したものを流通させる場合には必要になるので注意が必要です。

古物商許可を得て、個人事業を始める人も多いかと思われますが、許可を得る時の費用は10万円未満程度と言われています。しかし、少しでも経費を抑えたい、節税を行いたいと考える人も多いと言えましょう。申請手続きに掛かった費用は経費として計上が出来ます。開業した年度に計上しておけば、僅かではありますが節税効果にも繋がるなどのメリットがあります。そのため、古物商取引を行うお店をオープンした時には忘れずに申告しましょう。

古物商には品物を委託して手数料を受け取る営業形態がある

古物商には品物を委託して手数料を受け取る営業形態がある 古物商という仕事は古物を仕入れて売却したり、交換する仕事です。仕事内容としては古物を委託して売買したり、交換を行うことも含まれています。その他にはオークションを実施して売買をすることや、古物商間で売買を行う内容もあります。古物を委託して売買するのは、古物そのものを受け取るわけではなく、交換する際に手数料を得て利益を上げる仕事内容のことを表しています。品物の交換を行う手伝いをして手数料を受け取る仕事ですので、品物を保管する場所を用意する必要がありません。

品物を売却したわけではないので、いつでも自分の元へと戻せる点もメリットとなります。買取の場合には買い取った時点での価格よりも、その後に価格が変動するリスクが発生しますが、預かっておくだけであれば、他人に売却しない限りは価格の変動に左右されない点が利点です。業者としても買い取っているわけではないために、売却することができなくても損失が出るわけではありません。売却したときに始めて手数料が発生して利益を得られる仕組みとなります。